Tergar Meditation Practice Group 道志村

森のマインドフルネス プログラム(仮)


いそがしい日常や街から離れ、森の中で瞑想を行います。

いつものプラクティスグループの内容に限らず、日本に古くから伝わる修験の取り組みも予定しています。詳しい内容が決まりましたらお知らせします。(現在準備中〜以下は「仮」の内容です

 

【日程】

 

2019年7月27日(土)〜28日(日) 

※1日目午後13〜14時頃に集合、2日目午前10〜11時頃解散を基本に、ご都合の良い時間帯で参加して下さい。

※荒天を除き雨天でも開催しますが、会場のコンディションやその他の状況により変更/中止となる場合もあります。

 

 

【内容(仮)】

ひる森ではリラックスする時間を過ごしながら少しずつ五感をノックして起こしていきます。よる森では五感がフル回転します。そして、あさ森では夜が明けていく変化を全身で感じます。

◎ひる・よる・あさの森と、清流のほとりで過ごします。

◎気に入った場所を見つけて、自由にプラクティスを行います。

◎コントロールできない天候(雨など)、デコボコ、多少の不便も支えにできればと思います。

※修験の取り組みも行う予定です。

※現地での各種準備、備品の運搬等は、協働・自主・参加型でお願いしています。

※会場内の移動について、お車の分乗のご協力をお願いする場合があります。

※食事は素朴な食材を使って自炊します。

※荒天を除き雨天でも開催しますが、天候やその他の状況によりプログラムや予定が変更となる場合があります。

 

 

【拠点】

◎古民家を拠点として利用します。

※お部屋は仕切りることが可能です(3部屋)。

※冷暖房設備はありません。寒暖の調整は衣服の脱ぎ着、焚き火や囲炉裏を楽しみながら行います。

※施設内の電源をお使い頂くことも可能です。携帯電話の電波が届きにくいところがあります。

※水回りはリフォームされています。(ガスコンロ、流し等)

※お手洗いが2つあります。(洋式、和式)

※お風呂は古民家に隣接する岩風呂(家族風呂のような施設、時間制)か、近くの温泉施設「道志の湯」(車で5分程度)を利用します。

※状況により別の施設を拠点として利用する場合があります(隣接するキャンプ場の施設等)。

※ご自身で手配した宿泊先から通いでの参加も可能です。お気軽にご相談下さい。

 

  【参加費】

◎日帰り:実費概算を割り勘(改めてお知らせします)

◎2日間:同上

※参加費には各種備品、会場及び古民家利用、食材費等を含みます。現地までの交通費、昼食代は含みません。

保険には加入しませんのでご自身で手配をお願いします。必要な場合はご相談下さい。

※ソロ・テント泊用にテント、テントシート、マット、寝袋等のレンタルをご希望される場合はお知らせ下さい(別途・有料)。

 

【持ち物】

特別な装備は必要ありません。温度変化への対応や濡れた場合の着替えなどは忘れずに用意して下さい。    

◎野外での活動に適した服装(長袖、足首まで隠れる長ズボン、靴下、帽子など)

◎運動に適した靴(トレッキングシューズや底の滑りにくいスニーカー、濡れた場合の替えの靴等)

◎着替え(天候や足元のコンディションにより汗をかいたり、雨露に濡れる場合あり)

◎雨具(傘や合羽、長靴または濡れた場合の替えの靴)

◎リュックサック(デイパックのような⼩さいものがあると便利)

◎洗面具、タオル

◎レジャーシート(森で座ったり、寝転んだり)

◎水筒またはペットボトル(キャンプ場の水道を利用可。こま目な水分補給)

◎懐中電灯

◎保険証(コピーでも可)

◎ご自身で必要だと思われるもの(虫除け、日焼止め、お薬、石鹸やシャンプー、ドライヤーなど)

※ポンチョ(簡易な雨具)、レジャーシート、ヘッドランプは貸し出しも可能です。

※体温調節をスムーズに行うために、脱ぎ着可能な服装を用意して下さい。

※焚き火をします。火に弱い素材はできるだけ避けて下さい。

※匂いの強い香水、ヒールの靴などはご遠慮ください。

※貴重品はご自身で管理をして頂きます。できるだけ持参しないようにお願いします。

※岩風呂(キャンプ場施設・古民家に隣接)には、石鹸やシャンプー、ドライヤー、タオル等の備え付けはありません。

※お酒はごく少量のみご用意します。お好きなものがありましたらお持ち込みください。

 

【気候について】

会場は標高約600〜700メートルのエリアです。山の天気は読みづらく、朝晩や森の中は寒暖差が大きくなることがあります。

※詳しくはお申込みの際にご案内させて頂きます。

 

[アクセス]

◎都心から車(または電車と車)で約1.5〜2時間、道志村(山梨県)にある森と古民家です。

◎現地集合、現地解散です。

山梨県南都留郡道志村5964(キャンプ場「ネイチャーランド・オム」に隣接)
※お車でのアクセスが便利です。

 

【道志村について】
横浜市の水源の森でもあるこの村の水は、かつて外航船にも供給され「赤道を越えても腐らない水」と評されました。

 

【お申込み・お問い合わせ】
メールか、当ホームページの専用フォームからお願いします。

※24時間以内に確認の返事が届かない場合、システムの不具合の可能性があります。大変お手数をおかけしますが再度ご連絡をお願いします。

 

◎お申込み・お問合せ

ご希望の日程、人数、性別、年齢、アレルギー等についてお知らせ下さい。

・メール info@yorumori.jp
・ホームページ http://www.yorumori.jp/お問合せ-お申込み/

 

◎担当
河村 智行(かわむら ともゆき)

 

【主催・協力】

◎テルガル東京(新宿)、テルガル鎌倉

◎よる*森*ハイキング

養老の森プロジェクト(よる森パートナー)
本企画は、養老孟司 東京大学名誉教授を顧問として森林整備・生物多様性・暮らしの場をテーマに活動する養老の森プロジェクトと連携しながら開催致します。