森の学校(仮称・プレオープン)

養老の森 コラボレーション

変化の激しい現代、そしてロールモデルのない未来を生きる子ども達には、自分で何かを想像・創造する力と、他人と上手にコミュニケーションをとり協力する力を養ってもらいたいと願っています。

 

一般社団法人 養老の森(顧問 養老孟司 東京大学名誉教授)では、何かを一方的に与えたり教えたりするのではなく、子ども達が自ら森の中で遊びを見出して、仲間と一緒に過ごす時間を創ります。養老孟司校長の「森の学校(仮称)」のプレオープンです。

変化に弱い人が増えていることを憂いて「森にいけ!」という養老孟司先生。

 

「成績とかは測れますが、森で身につくものって測れません。私が80歳近いのに走り回っていられるのはこういうところで身につけた能力だと思うんです。だけど、それを説明するとか点数で測るとか、そういうことは出来ないんです。” 測れないもの ” そこにもう少し信頼を置いてもらいたいなと思うんです」

 

[開催予定]

特別なプログラムの提供は行わず、「何する?」という問いかけで始めたいと思います。森や沢で子ども達は自由に時間を過ごします。

 

次の日程の10時~12時頃に開校します。森(里山)つくりと同時開催となりますので、親子参加の場合、親御さんは森(里山)つくり[ワーク]、お子さんは森の学校(仮称)[スクール]への参加をご検討下さい。

 

4/22(土)←終了

5/27(土)←終了

6/24(土)←終了

7/29(土)←終了

8/26(土)←終了

9/30(土)←終了

10/28(土)

※参加費は無料(期間限定)です。

※保険には加入しませんのでご自身で手配をお願いします。必要な場合はご相談下さい。

※持ち物や、アクセスについては、「五感・ダイアログCAMP体験版(道志村/山梨)」を参照してください。

※会場コンディションや天候、その他の状況により日程は予告なく変更となる場合があります。

※この活動は、一般社団法人 養老の森の主催です。

 

希望される方は、そのまま「五感・ダイアログCAMP体験版(道志村/山梨)」に参加して頂くことが出来ます。森の中でゆっくり過ごしながら五感をフル回転させます。

 

[主催]一般社団法人 養老の森

[協力]よる*森*ハイキング


 

希望される方は、そのまま「五感・ダイアログCAMP体験版(道志村/山梨)」に参加して頂くことが出来ます。森の中でゆっくり過ごしながら五感をフル回転させます。


よるの森のハイキングは、「自分自身」「人と人」「人と自然」の対話を通して、関係の(再)発見や、新しい出会いのきっかけを創りたいという想いから生まれた活動です。

 

一般社団法人 養老の森(よる森パートナー)

養老孟司(東京大学名誉教授)先生を顧問として「森の整備(間伐や植樹)」「暮らしの場の再構築(伝統的な食生活や郷土芸能の復活)」「生物多様性(動植物の調査・保護などの勉強)」等の活動を行っています。