あさ森オンライン

<個人向け>オンライン・プログラム


姿勢や呼吸を整え、五感、意識を働かせる、あさのひと時です。オンラインで、継続的に開催しています。
※コロナ禍で始まった、参加者のための、参加者による、自主運営型のプログラムです。


基本的な流れ


Step 1: 呼吸

◎軽いストレッチ等で姿勢を整えます(PCやスマホ利用による、猫背や巻き肩を矯正)

◎深くゆっくりと呼吸をします(自律神経を整えてリラックス)

 

Step 2:五感

◎五感の働きに注意を向けます(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚…等の感覚を観察)

◎言葉にして無理なくシェアします(自分の感覚についての気づきと、他者への気づきを促進)

 

Step 3:意識

◎選択的に意識を働かせます(例えば、一日の中のポジティブな出来事を想起)

◎言葉にして無理なくシェアします(自分の意識についての気づきと、他者への気づきを促進)

 

※内容は、状況により変わる場合があります。


ポイント


呼吸

◎軽いストレッチで身体を動かしながら、PCやデスクワークによる猫背や、スマホ利用による巻き肩を矯正します。

 

◎吐く息に注意を払いながら、自律神経を整えて副交感神経を優位にする、深くゆっくりとした呼吸を行います。

 

◎瞑想やマインドフルネス、ヨガ等でも使われる呼吸を、特別な背景や作法に関わらず、無理なく行います。

 



五感

◎視覚以外の五感を意識的に使うことで、パソコンやスマホを多く使う暮らしや、仕事による“視覚偏重”を是正します。

 

◎思考ではなく、感覚で捉えていることにも注意を払うことや、言葉にすることで、“今ここ”を体感します。

 

◎感覚を意識的に働かせることは、脳のバランスを整えることにも有効だと言われています。



意識

◎人が意識を向けることが出来る対象には限りがあり、あるものに意識を向けると、他のものには気づきにくなります。

 

◎一般的には、ネガティブなことに意識を向けがちですが、物事のポジティブな側面にも意識を向けることで、広い視野・新たな気づきを促します。

 

◎自分や他人の意識についての気づきは、レジリエンスや、メンタルヘルスの向上にもつながると考えています。

 



シェアリング

◎何をどのように感じるか、何にどのように意識を向けるかは、個人により異なり、ユニークな特徴でもあります。

 

◎普段は見逃したり流したりしがちな、感覚や意識についてシェアリングすることで、お互いの気づきを促します。

 

◎シェアリングによって、家庭や職場とは異なるコミュニティ、仲間意識や一体感を醸成されます。

 



参加された方のコメント


◎心と身体のメンテナンスの効果があると思います。

 

◎一日の始まりに、心を整えられる良い時間です。

 

◎参加できない日も、空き時間に、深呼吸や五感を使う習慣がついてきました!

 

◎他の方の感覚や意識に対する気づきに触発されて、自分も気づかされます。

 

◎集まる皆さんとの一体感が生まれました。

 


継続的に参加している方のケース(一年間)


ある方のケースを、時々の感想や、一年を経た後の状態を綴られたコメントを基に整理、ご本人の許諾を得てご紹介させていただきます。

※森で起こることと同様に、この体験は人により時により異なります。必ずこうなるというものでも、見本のようなものでもありません。

 

〜1ヶ月

◎日常から離れる時間を持つようになった。例えば、自然のある場に立ち寄る、呼吸や、飲み物をちゃんと味わう、仕事以外の人との交流等。

 

◎自分と対話することを意識するようになった。

 

◎自分の状況を客観視することが出来るようになった。例えば、思考の偏りや、感情や感覚に触れることをシャットダウンしていること等。

 

◎自由な子どもの時のような感覚を思い出すようになった。頭、心、体が一緒に動くような感じ。

 

◎受け容れられている感覚、安心感がある。

 

◎人の話を聴くことを意識するようになった。

 

◎相手に起きていることを想像するようになった。例えば、表面的な言葉や態度から、奥にある気持ち…

 

◎自分と相手(世界)との関係、例えば、自分の気持ちや状態が変われば、相手(世界)が変わることを体験した。

 

〜1.5ヶ月

◎同僚から「笑顔が増えたね」と言われた。

 

◎元々の自分を思い出した感じがする。例えば、おっちょこちょいなところや、天然なところ…

 

〜6ヶ月

◎自分で自分に気づくことが、深まったり、広がったり、繋がったりする感じがある。たくさんの小さな体験が積み重なって、ゆっくりと階段をのぼるような、小さな刺激が波紋のように広がって点が面になり形になるような…

 

◎対人関係では、対抗することと、同じ方向を見ることの違いを実感した。表面的には見えないものの大きさを感じるようになった。例えば相手の状況や感情等…

 

〜12ヶ月

◎Be=平常心でいることや、いつも通りの自分であることと、Will=ありたい!自分を行き来する感じがある。

 

◎身体の力を抜くことで、空気と一緒に、エネルギー?力?が入ってくる感じがする。

 

◎リラックスして、深呼吸したり、ぼーっとしている時に、ひらめく、冴える。

 

<一年を振り返って(メモ)>

◎言葉にすることで気づくことがある。思考が深まる。

 

◎ものごとや、他人との関係は、自分次第だと思う。

 

◎他の方の言葉に触れて、世界が広がる。俯瞰が起きる。

 

◎一人で行うのは難しい。継続もできないと思う。共有する仲間がいて、故郷のような帰る場所、安らげる場所になっている。

 

◎自分に多様性があって、それを大切にしたいと感じる。

 

◎自分に優しくなれる。他人に優しくなれる。

 

◎自分も自然の一部だと感じる。

 

※準備を10分〜15分早めることは面倒だけど…(笑)朝の30分が大きく影響している。


開催概要

◎日程:平日毎朝6時半〜7時頃(状況により変更になる場合もあります)

 

◎運営:集まった方による自主運営(上記内容がアレンジされる場合もあります)

 

◎方法:オンライン(お申し込みいただいた方にzoomのリンクをお伝えします)


よるの森のハイキング-内省と対話の五感CAMP-

一般社団法人 YORUMORI

info@yorumori.jp


*よるの森のハイキングは「人と森(自然)との豊かな接点」「人とコミュニティの元気」の一助になることを目指す活動です。

HomePage
HomePage
Facebook
Facebook
Instagram
Instagram