研修を企画・統括された方のコメント〜『内省と対話』

株式会社リクルートエグゼクティブエージェント

経営企画室 太刀掛 宏美様

研修で「五感キャンプ」を実施された目的は何ですか?

ビジネスリーダーには、自らをかえりみる「内省」が必要

弊社では、クライアント企業さまに、経営幹部・エグゼクティブ人材をご紹介するサービスを提供しておりますが、ビジネスリーダーには、自らをかえりみる「内省」が必要になります。ビジネスで活躍する方であればあるほど、日々限られた時間の中で、膨大な情報に接しながら、行動し続けることが多くなると思いますが、一方で少し立ち止まって考えたり、固定観念を取り払った状態で物事を観ることも大切になります。

今回は、弊社のコンサルタント自身がそのような機会を持つことを主な目的として「森での研修(五感キャンプ)」を実施しました。


実施してみた結果、成果はいかがでしたか?

心身ともにリセットすることができ、新たな気持ち・感覚で業務に向かうことが出来た

まずは参加したメンバーが皆楽しみながら、リフレッシュしたと思います。

「一人で森の中に入ると落ち着く」「夜の森で自分の感覚(聴覚など)が研ぎ澄まされるのが初めての経験で驚いた」「一人で過ごす時間は久しぶりで貴重だった」という声もあり、自然と自分に向き合うような時間をもてたのではないかと思います。

私自身も日常では「時間」や「やらなければいけない事」にとらわれてしまいがちですが、今回の研修を通して心身ともにリセットすることができ、新たな気持ち・感覚で業務に向かうことが出来たように感じています。

 

自らの五感を研ぎ澄ませて、素の状態でものを観ていくことの大切さを再認識

また、「お客様の声を聴く(耳だけではなく深層心理もふくめて)ことの大切さを改めて感じる機会になった」という声もありました。人が成長していくことや経験を積むことは、いろいろなフィルターを身につけることにつながる面もあると思いますが、自らの五感を研ぎ澄ませて、素の状態でものを観ていくことの大切さを再認識する機会にもなったようです。

 

普段の会社の中でのコミュニケーションとは違う場が持てた

そして、コミュニケーションも活発でした。特に火を囲んでいろいろな話をしたことは良かったと思います。火をみていると、自然といろいろな感情が生まれてきますし、皆思い思いに話をして、普段の会社の中でのコミュニケーションとは違う場が持てたと思います。

 

その他、お気づきのことがあれば教えて下さい。

参加者同士の距離感が縮まっていることを実感して大変嬉しく思っています

本当にあっという間に過ぎてしまいました。もう少し時間があったらよかったという風にも感じました。

研修後のオフィスで、参加したメンバーが、参加できなかったメンバーに次回の参加を強く勧めるシーンも見られましたし、何より参加者同士の距離感が縮まっていることを実感して大変嬉しく思っています。

 


参加された皆さんの声については、こちらをご覧ください。

五感・ダイアログCAMP(企業向け)の、企画概要については、こちらをご覧ください。