<オープン講座>五感ワークショップ「Will」

〜自分らしさ、やりたいこと、大切にしたいこと…〜


森に学ぶ

森では、多様で無数の生き物が関わり合いながら想い想いに働いて、太陽や風や雨などの外界の変化に応じて刻々と姿を変えながらも、森で在り続けて、水、空気、木材、動植物…さらに知恵、勇気、癒しなど…たくさんのものを育み続けています。個が全体を、全体が個を支えながら、変化に適応してアウトプットを続ける。個人にも家族にもチームにも地域にも、こんな森のような風土を育むことができたら…

 

「働く」ことが、「生きる」の中に

変化が大きく、先を見通すことが難しい今、事業の未来は、個人の意識とその集合である組織の風土に依るところがますます大きくなっているのではないでしょうか。報酬やポジション等、目に見えるものへのモチベーションではなく、一人の「働く」が「生きる」の中に腹落ちして位置づけられ、信頼関係の礎となる「相互理解」を促し、一人の小さな気づきが集まって、組織のレジリエンスに繋がっていく…(適応力、復元力、そしてイノベーション)そんなキッカケの一つになる機会を創りたいと願っています。

 


よる森のエッセンス

よるの森のハイキング(よる森)では、コントロールできない自然・森の中で、五感を働かせながら一昼夜を過ごします。街や日常、役割や思考から離れて、移り変わる時間の中で自分自身を感じたり、他者との協働や言語/非言語でのコミュニケーションで関係性を育んだり…。森で起こる気づきや対話のエッセンス「離れる」「緩む」「揺れる」「問う」「話/放す」「聴く」…それらを「感じる」ことを通して、一人一人がその人らしく、多様性に富んだ、力強くて、サステナブルなチーム創りの一助になればと願っています。


ポイント

1.感じる

人が意識できること1に対して、感覚で捉えることは100万倍と言われます(ユーザーイリュージョン〜意識という幻想より)。五感を使いながら感じる力を高めて、自分を感じ、他者を感じる時間を重ねます。誰かが感じたことが他の誰かの気づきを拡げたり深めたりすることも体感できると思います。

 

2.非社会脳

人間は、人との関わりの中では社会脳を、何かに没入するような時には非社会脳を働かせると言われています。社会的な生きものであることに加えて、いつでもどこでも誰かと繋がるインターネット、SNS全盛の現代において、関わりから一時離れて、非社会脳を働かせる機会をつくることが、自分を感じる上で大切だと考えています。

 

3. 素直さ

注目されている組織「NO RULES(NETFLIX社)」「心理的安全性」「ティール組織」でも“素直さ”が大切な要素として挙げられています(後述)。感じることを素直にキャッチすること、素直に話/放し合うことが、過去の経験や知識を超えて、素早い適応や、根本・本質に迫ることに繋がると考えています。

 


テーマ(問い)「Will」

これまでに取り組んできた“心理的安全性”を引き継ぎながら、 “WILL” 〜自分らしさや、やりたいこと、大切にしたいこと等〜に向き合います。

 

“CAN(出来ること)”や、“Must(すべきこと)”は、頭で考えて、日常やオフィスでもよく話し合われていると思いますが、“Will”は頭だけで考えても見出すことは出来ません。自分を感じる、他者を感じることを重ねながら見出したいと思います。

 

「生きる」ことと同じように、「働く」ことについても、“WILL”を追究することが、個人やチームの元気とパフォーマンスをより高めることにつながると考えています。予め用意された答えはなく、予定調和もなく、参加される皆さまと一緒に体感しながら考える機会になればと思います。

 


日程

2021年5月21日(金) 13:30-17:30(13時開場)終了

2021年6月26日(土) 13:30-17:30(13時開場)終了

 

<New>3ヶ月毎に「Will」に向き合う、シリーズ開催します!

[1]2021年9月23日(木祝) 14:30-18:30(14時開場)
[2]2021年12月11日(土) 13:30-17:30(13時開場)

[3]2022年3月12日(土) 13:30-17:30(13時開場)

※Willを掘り下げる、進捗を確認する機会としてご利用ください。
※基本的にはシリーズで取り組んでいきたいと思いますが、いずれかの日程での参加も受け付けます。

※オンラインプログラムも検討中です。
 

プログラム

1.五感で自分を感じる

2.テーマ(問い)を感じる

3.俯瞰する

4.自分のWillに気づく

 

※このワークショップは、言葉の定義をしたり、知識を広げるための場ではなく、自分を感じる、他者を感じることを実践し、体感する場です。この力は知るだけではなく、実践し、繰り返し、習慣化することで養えるものだと考えています。

 

対象

ビジネスリーダー、経営・人事・組織開発に関わる方で、次のようなテーマを課題としてお持ちの方

 

<経営者・マネージャーとして>

・自社、組織の生産性

・働く個人と組織のポテンシャル

・心理的安全性

・働き方改革

・メンバーの多様性

・メンバーの心身の健康(メンタルヘルス)

・メンバーが働く上での満足度

 

<個人として>

・職場での自分らしさ

・自分のやりたいこと

・働くモチベーション

・自分が大切にしていること

・上司やメンバーとのコミュニケーション

・働く上での元気

・仕事を通した自己実現

 

定員

最大20名程度(事前お申込み制)

状況により変更となる場合もあります。

※会場は100名以上収容可能なスペースです。

 

持ち物

◎メモがとれるもの(紙とペン等)

◎飲み物(任意)

◎食べ物(任意)

※飲み物は個別の容器に入ったもの(ペットボトル等)、食べ物は個食のみお持ち込み可能です。

※動きやすい服装でお越しください。

 

参加費

5,000円(税込)

モニター特別価格です。アンケート等をお願いします。

当日現金でも承りますが、接触感染予防のためコード決済PayPay(当日)や、銀行振込(事前)等も用意していますので、ご利用ください。

※現金の場合はお釣りのないようにお願いします。

※銀行振込を希望される場合は、次の口座にお振込をお願いします。

・PayPay銀行,ビジネス営業部,口座番号(普通)3752650,シャ)ヨルモリ

・楽天銀行,法人口座,第二営業支店,口座番号(普通)7875857,シヤ)ヨルモリ

 


参加された方のコメント

◎自然体で楽しめました。自分自身を感じることが出来ました。

◎自分の時間を大切にして、話す時は尊重するパターンがとても心地よかったです。

◎話しながら自分のことに気がついていく様子も面白かったです。

◎お互いの気づきのシェアが影響しあっていたように感じます。

◎ビジネスの世界は評価判断が前面にでがちなので、評価判断なしに聴くという姿勢をベースとしておくのは大事だと思います。

◎自分の直感/感覚を大事にしようと考え、先行きの見通しは不透明でも(中略)…という心持ちで行動をしていると、思ったより良い変化が起こっています。

◎定期的に自分をアップデートする機会として捉えるのがいいかなと思います。

◎思考より感覚に意識を向けることが素直にできるようになってきている気がします。仕事をしていると思考優位になるので、日常の中で感覚に意識をむける機会をどう作っていくか…。

 

過去のワークショップの様子


会場(3×3 Lab Future)

3×3 Lab Future(さんさんらぼ フューチャー)

東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1F

 

麻の床は足裏の感覚から、木と緑の空間は視覚から、心地よい音響は聴覚から森での時間を思い出させてくれます。

 


参考

◎NO RULES〜NETFLIX and the Culture of Reinventionより

私生活でも職業生活においても、常に思ったことを率直に言う人は孤立しがちで、コミュニティから追い出されることもある。だが、ネットフリックスでは、そういう人を大切にする。そして社員が上司に、部下に、そして組織の壁を越えて、恒常的に建設的フィードバックを与えることを積極的に奨励している。

 

◎ティール組織〜マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現より

人は他人からの正直なフィードバックを糧にする「関係的存在」(relationalbeing)でもあるのだ。私は、フィードバックが全く伝えられないがために「気が狂ってしまった」組織をいくつも見てきた。

 

◎心理的安全性〜TED危機におけるリーダーの在り方(エイミー・C・エドモンドソン ハーバード・ビジネス・スクール 組織行動学教授)より

リーダーシップには 率直で頻繁なコミュニケーションが必要です。では確実性や明確性が乏しい時勢においてリーダーはどうすればいいのでしょう。CEOであれ首相であれ中間管理職であれ、あるいは校長先生であれ、激動の時こそいっそうの謙虚さが必要です。十分な知識もないのに 答えを知っているふりをしたところで何にもなりません。波乱の中においては知っていることは共有し、知らないことは知らないと認めるのです。不思議なことに このような正直さは、人々の心理的な安心感を高めはしても弱めはしません。 

 


主催・協力

主催:一般社団法人YORUMORI

協力:3×3 Lab Future/エコッツェリア協会

 


お申し込み&お問い合わせ

下のフォームにて必要事項をご記入の上、ご連絡をお願いします(メールでも承ります)
基本的にはシリーズで取り組んでいきたいと思いますが、いずれかの日程での参加も受け付けます。

開催日前々日17時締め切り
※例えば、6/23(木祝)のお申し込みは、6/21(火)17時締め切り

※定員に達した場合は、キャンセル待ちとして受け付けます。

※24時間以内に返事が届かない場合、システムの不具合の可能性があります。大変お手数をおかけしますが再度ご連絡をお願いします。

お預かりする個人情報の取り扱いなどについては、プライバシーポリシーをご覧ください。

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


新型コロナウイルスに関する対策とお願い

事態の推移を注視しながら、健康や安全のために急な予定変更や中止等もあり得ることをご了承ください(自然との付き合いと同様)

 

コロナ禍の中で「森のような時間・空間へ」という思いはありますが、感染予防については十分に配慮、工夫と共有に努めながら進められればと思います。どうぞご理解とご協力をお願い致します。

 

※お申し込み後でも、体調に不安がある場合は決して無理をなさらずお休みください。

※スペースをとるために定員を最大20名程度とさせて頂きます(会場は100名収容)

※入館時にマスクの着用確認とサーモグラフィによる検温を行います(37.5℃以上はの方は入館をお断りさせていただく場合があります)

※会場内でも、手洗いや手指の消毒、対話の際のマスクの着用、間隔を開けるソーシャルディスタンス等にご留意ください。

※事前にお名前とご連絡先を伺います。もしも帰宅後2週間以内に、新型コロナウィルスの診断があった場合はお知らせください。参加の皆さまに匿名でお知らせします。

※風邪の症状が続いていたり、発熱や咳、強いだるさや息苦しさなどの症状がある場合には、医療機関に連絡、相談してください(厚生労働省HP:相談センターhttps://bit.ly/2wobzel)

※同居ご家族に症状がある方も同様の対応をお願いします。

※会場内だけでなく、会場への往復においてもどうぞ感染予防をお願いします。

※状況に応じて、UPDATEしていきます。

ご不明の点や、ご心配事がありましたら、些細なことでもお声掛けください。

 

新型コロナウィルスへの対策とお願いについてはこちらもご覧ください。