森のR&D Cafe

何かを俯瞰して観る、頭を空っぽにして整理する…ひとりで過ごす時間や、誰かとじっくり、ざっくばらんに話す時間。

Reflection(リフレクション)と、Dialog(ダイアログ)のための森のスペース、メンバーシップ サービスです。

 

現在、プレオープン期間として、平日のお試し利用を受け付け中です。

 

メンバーシップ サービス

 

  



森に出かける理由

◎ ピーター・M・センゲ著「学習する組織」

「メンバーは大自然の中で二昼夜を一人で過ごしてみる“ソロ”という体験をした。日常の思考回路から静かに抜け出して、新しいビジョンを育てるという大昔からある方法の一つだ。違いの著しい個人ビジョンを無理に一つの共有ビジョンにまとめるのではなく、チームのメンバーは、それぞれに独自のものの見方や影響力をもつ分野を反映した多彩なプロトタイプとなる取り組みを考え出した…」

 

◎石川善樹氏(予防医学研究者 医学博士)インタビュー

「クリエイティブと距離(離れること)には相関がある。イマジネーションやクリエイティビティが必要な研究に入る前には、情報・インプットを遮断する」

 

◎米グーグル 労働改革プロジェクト「アリストテレス」レポート(2012 年〜)

「社員の生産性を極限まで高めるにはどうすればいいのか?社員一人ひとりが会社で本来の自分を曝け出すことができること、それを受け入れるための“心理的安全性(他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感)“を醸成すること」

 

◎養老孟司氏(東京大学名誉教授)講演

「変化に弱い人が増えているとみています。だから「田舎(森)」に行けという話をよくしています。エアコンに、人工照明…「変化」がないと「感覚」が鈍ってしまいます」

 


お申込み・お問合せ

メモ: * は入力必須項目です

※24時間以内に確認の返事が届かない場合、システムの不具合等の可能性があります。大変お手数をおかけしますが再度ご連絡をお願いします。