【個人向け】自然と 自分と 仲間を感じる


◆思考から感覚へ〜感じる力を高める森の時間

 

街やオフィスから離れて自然の中に身を置いて、五感を働かせながら、心も身体・脳もリラックス。固定観念や偏りがちな思考からも離れて、感じる力を高める時間…

 

人が思考・意識できることに対して、感覚は100万倍の情報を捉えていると言われます。このことは個人と、集団・コミュニティが持つ大きな可能性や、その多様性の源を示しているように思います。一人一人が自分を感じる「内省」と、素のまま話し・放し合う「対話」の時間…

 

変化が大きく、先を見通すのが難しい時代だからこそ、”大切なことを大切にする”ための時間を創っていければと願っています。

 


【森のプログラム】内省と対話の五感CAMP

◆よる森 個人版-内省と対話の五感CAMP-(森の一昼夜)

自然と、自分と、仲間と対話する、気づきと きっかけの 森の一昼夜

森の中でのソロタイム
森の中でのソロタイム

◆よる森Nomadic-もっと自由に 街と森を行き来する

Nomad・ノマド(遊牧民)にならって、五感を360度フルに働かせて、地域の自然と人と対話をしながら過ごします。

雪の森(nomadic#7 津南・秋山郷エリア)
雪の森(nomadic#7 津南・秋山郷エリア)


【街のプログラム】五感ワークショップ&まち森

◆五感ワークショップ「Will」-らしさ・やりたい・ありたい・大切なこと…

森の「内省と対話」のエッセンスを街で再現。思い込みや固定観念…思考から離れて、大切なことを大切にするための、森の時間

街で森の時間を再現する(MIRAI LAB PALETTE)
街で森の時間を再現する(MIRAI LAB PALETTE)

◆まち森 -街で、日常で、感じる力をブラッシュアップ-

街で森の「内省と対話」のエッセンスを再現。思い込みや固定観念…思考から離れて、自分を感じる、仲間を感じる、森の時間

都市部の緑地での内省と対話
都市部の緑地での内省と対話


【オンライン】五感ワークショップ&リマインダー

◆五感研修「Will」オンライン

🍀じる力・気づく力を高めて、つながる五感研修 Will公開講座,4h

new 2024年 3/26(火) 各13:00-17:00
教育研修サービス 株式会社インソース様とのコラボレーション(外部リンク)

 

🍀じる力・気づく力を高めて、つながる五感研修(体感無料セミナー,1.5h

new 2024年 3/5(火) 各14:00-15:30

教育研修サービス 株式会社インソース様とのコラボレーション(外部リンク)

◆あさ森オンライン

街で日常で森の感覚を思い出す、気づく力や感じる力を磨くための朝のルーティン(平日 6時半〜30分程度)

◇よる森オンライン(Facebook)

森の体感のある方を中心にした、FBプライベートグループです。

お問い合わせください。

◇よる森チャンネル(YouTube)

街で日常で森の感覚を思い出す一助になればと願っています。

YORUMORIチャンネル(YouTube)



【森の居場所つくり】

人が森(自然)と上手に暮らしていくためには、人が森に入り、森に関わり、自分達の居場所をつくることが必要だと考えています。機会をみつけて、沢の手入れ、遊歩道作り、下草刈り、間伐体験等の軽作業を、無理なく行っています。


【なぜ森に行くのか】

◆養老孟司先生 interview「森とは何か」

街と森を行き来する”現代の参勤交代”を提唱される養老孟司先生にお話を伺いました。

 

『森に行け』と提唱される理由 / 考えることの限界 / 無理を続ける理由 / 揺する / 社会的概念 / 自然は中立 / 測りすぎ / 自分の感覚 / 空 / 『よる森』と『揺する』 / 意識から出る。街から出る。 / 森以外の揺すり方 / 森で起こること / 変わるために揺する / 幸せについて… / 余計なことをしない / 街

ダイジェスト版はこちら

 

◆ビジネスリーダー interview

人材系事業に精通、リクルートグループ各社の代表を10年以上にわたり歴任された経営者で、現在は株式会社メディアハウスホールディングス 代表取締役社長兼CEO 波戸内啓介さんにお話を伺いました。

 

経営者として、大切にしていること / よる森 研修の目的 / よる森 研修の成果 / 働く個人と、組織の関係 / 人生を自分で選択する / 成果が測りにくいものへの取り組み / 先行きが不透明な時代に大切なこと / 「信じる」ということ / よる森のテーマの一つ「Will」について / 予定調和のない よる森

ダイジェスト版はこちら

抜粋・要約はこちら

 

働き方改革、人事制度コンサルティング、企業労働法対応等の分野で活躍されている辯護士 倉重さん(日本経済新聞社「弁護士ランキング2019」労務部門第6位に選出)

 

一人のビジネスパーソンとして、経営者として「よる森」を体感された率直な感想と、定期的に森を訪れながら進化・深化する森との付き合い方について伺いました。

 

”人が必要で必要で仕方ない社会をつくる”という志を抱きながら、キャリア教育やビジネス研修等の分野で活躍している経営者、板井さんにお話を伺いました。

 

森でのご自身の体験を、U理論と重ねながらシェアしてくださったお話しと、”他人に優しくなれる”メカニズムのお話しは、非常に興味深く感じられました。

 


◆ご一緒させていただいた方の声

よる森が仕事や、人間関係にどのように活きているのか、お話を伺いました。

 

普段は蓋をしている”自分のやりたいこと”や”本当の気持ち”…自分の声を聴くことや、思い通りにいかないことが”普通のこと”だと思い出すというお話しには、とても共感します。

 

街と森を繰り返し行き来する理由や、そのサイクルについて、お話を伺いました。

 

街で考えることを森の中で整理する、街でたまったストレスや荷物を森で降ろす、葉っぱになった気分になることが自分を楽にするお話は、非常に面白く感じられました。

 


よる森でのシェアリングの一コマです。

良し悪しなく、正解不正解なく、まとまらない話を推奨しています。

率直な言葉でシェアしていただき、本当にありがとうございます。

 

新しい旅のカタチと 地域活性 - 専門家がみた「よる森」

①ビジネスパーソン・子育てママ ②旅の専門家 ③地域活性に取り組む住民という3つの立場からお話を伺いました。

 



【森の様子】

◆よる森 体感Movie

◆よる森の景色

◆近況・UPDATE

近況はFacebookページでご紹介しています。宜しければ「いいね!」して時々のUPDATEを御覧ください!

日常や街で森の感覚を思い出せるようにと願いつつInstagramを始めました。よろしければ@yorumori_forestでフォローしてください!


よる森-内省と対話の五感CAMP-

一般社団法人 YORUMORI

info@yorumori.jp


*よる森は「人と森(自然)との豊かな接点」「人とコミュニティの元気」の一助になることを目指す活動です 

HomePage
HomePage
Facebook
Facebook
Instagram
Instagram